「沖芸連振興基金による奨励金」の募集のご案内

 沖縄県芸能関連協議会[沖芸連](会長:照喜名朝一)では、2005(平成17)年の設立以来、国立劇場おきなわでの主催公演を

はじめとする様々な自主事業のほか、(公社)日本芸能実演家団体協議会より沖縄県の芸能実演家の著作隣接権に係る二次使

用料等の分配業務を受託し、その任にあたってまいりました。   この度、その二次使用料等のうち個人分配不可能な使用料等

積立金をもとに「沖芸連・振興基金」を創設し、会員団体及び個人会員とそのグループに対して 創造的公演等にむけた新たな

助成金制度を設けました。この基金の創設によって、沖芸連の会員団体及び個人会員とそのグループが主体的に取り組む力を

高め、沖縄の芸能・文化芸術活動の継承と発展及び振興がこれまで以上に活性化することが期待されます。

 「沖芸連振興基金による奨励金」の、応募条件は、個人・団体に関わらず、公演の出演者・スタッフ全員が沖芸連個人会員であること。

 平成30年度沖芸連振興基金の奨励金の助成対象は平成30年5月1日~平成31年4月30日の期間に、実施される事業であること。

 助成対象者・団体は沖芸連の常務理事会内に設けられた選考委員会によって厳正な審査のもと決定されます。皆様の奮ってのご応募、心よりお待ちしております。

◆平成30年度「沖芸連振興基金による奨励金」 

【募集】

応募期間:平成29年6月1日から平成30年2月末(消印有効)提出書類:応募申請書(様式1~3)。

応募結果:平成30年4月末までに申請者各々に書面をもって通知。

実施期間:平成30年5月1日~平成31年4月30日までに実施される事業。

事業報告:事業終了後、2ヶ月以内に報告書(様式4~6)、チラシ等を提出。※実施要項参照

【対象要件】

下記の要件に重点をおき、その総合的評価が高いものとする。

① 創造性 ② 先駆性 ③ 継続性と発展性 ④ 選考委員会が必要と認めたもの

【助成額】 

タイプA 50,000円限度(年間10件以内)

タイプB 100,000円限度(年間5件以内)

タイプC 500,000円限度(年間1件以内)

◇応募方法や条件等、詳細については実施要項をご参照ください。また、沖芸連事務局までお気軽にお問い合わせください。